金利で比較して選ぶ

キャッシング会社を選ぶ際、多くの方が重要視しているのはやはり金利ではないでしょうか。

  • 「できれば金利の低いところで借りたい!」
  • 「よけいな利息を支払いたくない!」

とは誰もが思っていらっしゃるかと思います。

 

上限金利の引き下げにより、以前と比べると特に消費者金融の金利はかなり低くなりましたが、それでも長期の借入や高額の借入となりますと少しの金利の差で支払額が大きく違ってくることもあります。金利で比較して選ぶなら、どこでお金を借りるのがいいのでしょうか。

 

低金利なのはやはり銀行カードローン

低金利のキャッシングというのであれば、やはり人気なのは銀行カードローンです。各社で違いはありますが、一般的に消費者金融の金利が4.5%〜18.0%程度なのに対して、銀行カードローンの金利は特に大手都市銀行ですと4.0%〜14.5%前後です。なかには年1%台〜という銀行カードローンもあります。

 

ただし、ここで注意していただきたいのが金利の低いカードローンほど審査は厳しい傾向にある、ということです。できるだけ低金利なところを利用したいのは山々なのですが、金利が低ければ低いほど審査のハードルは高くなります。どんなに低金利で魅力的なカードローンであっても、結局のところ審査に通らなければ借りられませんから、意味がありません。

 

また、もう1点注意していただきたいのが実際に適用になる利率はどれなのか?という点です。カードローンの金利は4.5%〜14.5%というように、幅をもって表示されています。この下限金利〜上現金利という金利帯のうちに自分に適用される金利は、借入額によってまずある程度決まり、次に審査によって決定されます。

 

最高限度額が500万円のカードローンだったとして、この一番低い4.5%が適用されるのは、最高限度額いっぱいの500万円を借りるなど最優遇の場合くらいなもので、少額の借入や返済実績がまだない方、信用度のあまり高くない方などはこの場合ですと、一番高い、上限金利が適用されるケースがほとんどです。

 

こうしたことから、低金利なカードローンを選ぶのであれば、審査が比較的通りやすいと口コミなどで評判のカードローンのなかで、上限金利ができるだけ低いところを選ぶようにするといいでしょう。

 

短期で少額の利用なら無利息サービス期間のあるキャッシングも

長期で高額な借入というのであれば、やはり低金利な銀行カードローンを利用するのが一番なのですが、もしも単発で今回限り、短期で少額の借入というのでしたら、無利息サービス期間のあるキャッシング会社を選ぶというのもおすすめです。

 

プロミスやアコムのように、はじめての利用で30日間の無利息期間がついているものを選べば、借入期間によっては低金利な銀行カードローンを選ぶよりも利息を抑えることができます。